400-881-9890

高速スクロール軸受-回転子システム動動特性分析

張強、李子順(遼寧の工事の技術大學の機械工程學院、遼寧省阜新123000)をベアリング剛度-減衰値の変化と軸受スクロール體の位置角の関係、とその変化に絵の回転數の関係上で、軸受-ローターシステム動力學の特性を分析して、得減衰係數の変化にベアリング-ローターシステム動力學の特性の影響。分析を通じて速度が大きいほど、剛度週期減衰値の変化と短いほど、ベアリング-ローターシステムの動力學の特性とノンリニヤリティが増大に減衰。

0取引百ベアリングは現代の機械で広く応用の回転部品の一つで、主に頼る素子間のスクロール接觸を回す。につれてベアリング綿密な研究は、ベアリング點線弾性流體動力を引き起こした接觸潤滑學者や工事人員の関心。研究によると:點線に接觸の機械部品で一定の條件の下で実現できる運転弾性流體潤滑油膜。ベアリングの表麵損傷と潤滑狀態に密接な関係がある。潤滑油膜形、油膜厚さ、油膜の中の圧力分布、溫度場や摩擦などに直接影響失効情勢の形成と発展。

機械運転時、スクロールベアリング-回転子システムは常に振動が発生する。不同な工程條件下ベアリングの潤滑狀態による軸受剛度-減衰の変化、ベアリング剛度-減衰は影響軸受-ローターシステム動力學の特性の1つの重要な要素。

既存のベアリング-ローターシステムダイナミクス研究に基づいて特性が線形力學理論、ベアリング-ローターシステムの安定性と振幅週波數特性を研究。しかし回転機械システムの中で多くの非線形要素の存在(例えば油膜反力、ラジアルランスなど)、常に多くのノンリニヤリティ力學による現象(例えば分岐、混沌とジャンプなど)。

そのため、研究潤滑狀態で剛度-減衰の変化にベアリング-ローターシステムのノンリニヤリティ力學特性の影響。

玉と軸受の內外圏と接觸する時、玉法徑方向の両端に形成された2つの點接觸副、各接觸副都男、遼寧岫岩人、博士、教授は、主に採掘の機械構造設計及び信頼性の分析などの方麵の研究。

連絡する
あなたが欲しいというのを教えて
0319-8560881
企業在線
 
 
 
 
 勤務時間
月曜日~日曜日 :0:00-24:00
 お問い合わせ
客服熱線:400-881-9890